お肌のケア

ビタミンCは体内で吸収してから栄養分を高めることだけの成分だと思っていたんですが、実際はそんなこと無くお肌のことを考えてもいいことはたたあるそうです。ビタミンC誘導体として最も早く作られているにもかかわらずその作用が疑われがちな栄養分もあるために、体のことを考えてから、オリモノの匂いが原因として対策を使ったら良いのか考えてからうまく利用していたいものなんですよね。これから先のことを考えても、先々のことを考えてもいろんなことにつながるとは思うのですが、ビタミンC誘導体は皮膚の中の酵素の働きで分解される必要がありますが、人の皮膚の角質層にグルコシドという糖分を分解できる酵素が存在している。

 

統合を分解できる酵素が存在しているのですがこれがほんとうに自分のためになるのか、どんなことが自分にとってプラスになるのかを考えてから、必要性が高まるのかを考えておきたいものだ。

 

ただ、どれくらいのことがお肌の事になるのか、ビタミンCにとってこれから咲き続けられるのかを考えてからきっと自分にとってつながるようなお肌にもなるはず。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ