体をしっかりと整える

社会生活の中で体が疲れることは当然といえば当然です。ただし、このような疲れが長時間にわたり続いてしまうと本当に厄介なことになってしまうために、どのようなことをしていくかが重要になるはずです。つまりは、溜めないように工夫をしていくことが大切になるはずです。

 

社内規定で休憩時間が決まっている場合はそれにともなって体を休めることが大切ですね。

 

休憩を取るタイミングとしては、社内規定できめられている休憩時間、パソコン作業では一時間ごとに5〜10分程度休む。それから、集中して取り組んだ作業が一段落できたら、しっかりと休めるようにする、体調が思わしくないと聞きは無理せずに休む。尿や便を排出したい時は、トイレに立つ。

 

このような当たり前のようなことをしっかりと無理せずに行っておくことが大切になりますね。労働基準法では8時間以上の勤務中は一時間の休憩を取ることがきめられています。通常は昼食時に取り、この他、トイレに立ったりパソコン作業で目が付かれた時に、短い休憩を取ることができます。適度な休憩は仕事の効率を高める効果がありますので、自分にとって体を休めることが出来るのなら、しっかりとメリットが有ると考えて行うことが重要になります。

 

ただし、あまりにも無理を続けていると、それが原因で負担になってしまう恐れもあるために、自分にとってプラスになるようなことを行っていくことが重要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ